痩せる油で毎日健康|オメガ3脂肪酸でストレスのない暮らしを

お腹

身体に良い脂肪とは

メジャー

健康維持に欠かせない成分

脂肪、と聞くと肥満の原因あるいは健康の大敵という悪役的なイメージがどうしてもつきまといますが、実はそうとばかりも言えません。中にはむしろ積極的な摂取が推奨されている脂肪もあります。脂肪には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類があり、皮下脂肪が溜まる原因は主に前者にあります。一方、不飽和脂肪酸の方は逆に中性脂肪やコレステロールを減少させる働きを持っています。この違いに関する理解が進むにつれ、今後は「良い脂肪」を中心に摂る食生活の有用性が認識されるようになるものと考えられます。この不飽和脂肪酸の代表格とも言えるのが、オメガ3脂肪酸です。オメガ3脂肪酸は健康維持に重要な役割を果たすものでありながら体内では合成できないため、必須脂肪酸とも呼ばれています。

アレルギー改善や美肌にも

オメガ3脂肪酸はαリノレン酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)などからなる脂質のグループです。食材としてはイワシやサバなどの青魚、亜麻仁油やえごま油などの植物油に多く含まれています。オメガ3脂肪酸には先に挙げた血中脂質を減少させる作用のほか、抗炎症作用や免疫力を高める作用があることが分かっています。そのため、生活習慣病の予防や各種アレルギーの症状改善などに役立つとされています。また、細胞の新陳代謝を促進する作用があるため、美肌など美容面に対する効果も期待できます。さらにDHAには脳や神経組織の発達を促す働きがあることが知られています。そのため、「頭が良くなる成分」などと呼ばれることもあります。